スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン - Almight -

AlmightJS

Almight(オールマイト)は次世代標準技術であるHTML5で構築された、ノベル&アドベンチャーゲームエンジンです。
プログラミング知識なしでも高機能なゲームを製作でき、作ったゲームはパソコンでもスマホでも遊べます。

最新情報
2/20Almight SDK 4.2 betaをリリースしました
11/19Almight Packager 2.0&Almight SDK 4.1.1 betaをリリースしました
11/12Almight SDK 4.1 Betaをリリースしました
9/20Windows向け 機能デモゲームがダウンロード出来ます
9/20サイトをリニューアルしました

// 背景を1秒かけてフェードイン
[show_bg file="sky.jpg"]
[action time=1000]

// BGMを再生
[play_bgm file="sunnyday.ogg"]

// 立ち絵を中央に表示
[show_c file="chara01.png"]
[action time=0]

// テキストを表示
こんにちは![m]
ここからゲーム製作をはじめましょう!

楽しいところだけを作る

ゲームを作るのにプログラミングは必要ありません。
背景・立ち絵をフェードで表示したり、画像をアニメーションさせたり
思い通りの表現を簡単なタグ指定で実行できます。

またセーブ・ロード機能や環境設定画面、選択肢の表示など、
あらゆる機能を標準で備えているので
作りたい部分だけに集中することができます。

どんな場所でも
PCにもスマホにもゲームを書き出してプレイ可能。
あらゆるデバイスにゲームを配信できます。

スマホ向け専用アプリを入れれば、
ゲームを直接デバイスにインストールできます

高い拡張性のプラグイン
独自にプラグインを追加して、ゲームに機能を追加することができます。
例えば画面に雪を降らせたり、独自のタグを追加したり。

またセーブ・ロード画面や環境設定はプラグインとして提供されているため、
ファイルを入れ替えるだけで見た目を変えることも可能です。

プラグインを読みこませるだけで、
あなたのゲームで出来ることがさらに広がります。

同人ダウンロードショップ ディーエルサイトコムと完全連携
作ったゲームデータをWebでアップロード、作品詳細を記入するだけで、
あなたの作品がPC&スマホ向けに配信開始されます。

DLsite.comのスマートフォン向けサービス、DLsite Touch! でゲームを購入すると
3ステップでゲームを端末にダウンロード&インストールすることが可能です。

購入履歴は同一なので、1作品購入でPCとスマホの両方でゲームを楽しめます。
詳しくはこちらをご覧ください。

さらに詳しく
チュートリアルを読む
タグリファレンス
開発ブログ
公式コミュニティ(Google Group)
ソフトウェア使用許諾契約
DLsite – Almight特集ページ (成人向)

Q&A
Q. どこかでお金が掛かりますか?
A. Almightの使用、複製、頒布は有償・無償利用を問わずに無料です。
DLsite.comでの販売も無料で行えます。

Q. 別のゲームエンジンを使っていたのですが、乗り換え出来るでしょうか?
A. Almightのタグは「吉里吉里/KAG」をベースに作られていますので、慣れ親しんだ知識を流用することが可能です。

Q. 成人向けゲームは作れますか?
A. 作れます。法律を守って正しくお使いください。

Q. ゲーム以外の使い方はできますか?
A. インタラクティブな電子書籍やWebアプリとしても使えると思います。

その他はライセンスを読むか、お問い合わせ下さい。

NEWS

Almight Packager 2.0&Almight SDK 4.1.1 betaをリリースしました | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

Almight SDKで開発したゲームをパッケージングする、Almight Packager 2.0をリリースしました。 Packager 2.0のご利用についてPackager 2.0でパッケージングを行う場合、必ずAlmight 4.1.1のご利用をお願いします。 AlmightJS 4.1.1へのアップグレード方法Almight SDK 4.1.1をダウンロードし、「projector/data/template/lib/」フォルダを開きます。 「lib」フォルダ内の「dest」フォルダを既存のゲームプロジェクトの「lib/dest/」フォルダに上書きすることで4.1.1へのアップグレードが行えます。 新機能Windows向けのパッケージングで、画像やシナリオファイルなどのデータをAlmight.exeと結合しました。書き出されるファイル数が減りましたので、より簡便にゲームを配布することが出きます。 バグ修正ゲームプロジェクトを正常にパッケージング出来ないことがある不具合を修正既知の問題Ver4.1で修正を行ったレイヤー重なり順に関して別途問題が発生したため修正をロールバックしました今後ともAlmightを宜しくお願いいたします。 ...
Read More

DLsite.comでの販売手続きについて | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

Almight作品の登録方法 DLsite.comにサークル登録 DLsite.comへのサークル登録は、こちらから行えます。登録料、利用料は無料です! 詳細はリンク先をご覧ください。 ゲームをパッケージ化 Almight Packagerを利用し、Almightプロジェクトをパブリッシュしてください。その際、出力形式で「DLsite.com Webアップロード」を選択します。パブリッシュ完了後、書き出されたzipファイルを展開して正常にゲームがプレイ出来るか確認してください。 Webアップロードで新規作品登録 DLsiteサークル管理ページより、新規作品登録を行います。こちらの新規作品登録ページ(要サークルログイン)から「Webアップロードへ」をクリックして、情報入力ページへ移動します。登録設定 販売形態 : 「DLsite.com 日本語版」にチェック(DLsite Mobileはスマートフォン向けサービスではありません) プロテクト : 「プロテクトなし」にチェック 作品内容 ・説明文に合わせて入力して下さい ...
Read More

タグを使ってシナリオを書こう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

タグを使ってシナリオを書こう初級チュートリアルをはじめる前に、開発環境のセットアップを行なって下さい 初級チュートリアルでは、素材を組み合わせて実際に簡単なゲームを作っていきます。 吉里吉里を触ったことがない、ゲーム製作ははじめて。といった方は、ここからスタートしてください。 吉里吉里でゲーム製作をしたことがある方へ このチュートリアルではゲーム製作がわかりやすくなるように、既に構成されたマクロを使った解説をしています。そのため、既に吉里吉里タグを知っている方は違和感を感じる可能性もあります。マクロは改変自由なので、このマクロをさらに改変して使っていただいても構いません。 文章を表示させてみるそれでは「tutorial」フォルダの中にある「game」フォルダを開き、「first.ks」というファイルをテキストエディタで開いてください。 @call storage="macro.ks" Almightへようこそ![m] どんなゲームを作りますか? @s そこに、このように書かれていると思います。 確認したら、「tutorial」フォルダの中にある「lib」フォルダを開き、「index.html」というファイルをChromeで開いてください。 (このとき、開発環境のセットアップで設定したChrome起動ショートカットでChromeを起動するようにしてください) 何度か画面をクリックしたら、以下のようになって止まりましたか? 01_001 このように、拡張子がksのスクリプトファイルに直接文章を書くと、それがそのままシナリオとして表示されます。 ただ、通常の文章以外に[ ]で囲まれた部分や@ で始まる部分があります。 これが「タグ」と呼ばれるもので、このタグを書いていくことでゲームの画面を自在に操作していくことが出来ます。 クリックを待つそれでは、文章を少し編集してみます。 ...
Read More

デバッグをしよう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

デバッグをしようconfigファイルを編集する「tutorial\lib\config」フォルダに「almight.config.js」というファイルがあります。 Almightのゲーム設定は、このconfigファイルを編集することで行えます。 例)ゲームタイトルを設定・画面サイズの設定など 設定する項目は、configファイル内に書いてありますのでそちらを見てみてください。 デバッグモードにするconfigファイルの72行目に、デバッグモードにするかどうかという設定項目があります。 debug: 0,となっている部分を debug: 1,に書き換えて保存して下さい。 これでデバッグモードになりました。 コンソールを表示するAlmight.exe を起動させた状態で、F12 キーを押してください。 MacでChromeを使っている場合は、右上のレンチアイコンから[ツール]→[デベロッパーツール]を選択してください。また、 option+command+j でもデベロッパーツールが開きます。 06_001 ここでは、ゲームの実行中にどのようなタグが実行されたか等の情報が全て表示されます。 画像が見つからない、などのエラーの内容も表示されますので、開発中はデバッグモードにしてコンソールを表示していると便利です。 機能デモ・サンプルゲームを見るSDKには「demo」というフォルダに機能デモとサンプルゲームを同梱しています。 ...
Read More

シナリオを分岐させよう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

シナリオを分岐させようラベルをつけるアドベンチャーゲームに必須な要素といえば、選択肢です。 プレイヤーに選択肢を表示して、そこからシナリオが分岐していくというのが基本ですね。 選択肢が選ばれたら、特定の場所にシナリオがジャンプしないといけません。そのため、目印となるラベルを設定します。 ラベルは、行の先頭に* がつきます。 では、first.ksの下部を編集して、以下のようにしてみましょう。 Almightへようこそ![m]このゲームエンジンで、[m]どんなゲームを作りますか? *anna@cmあんなゲームを作りましょう@s *konna@cmこんなゲームを作りましょう@s「あんなゲーム」「こんなゲーム」というシナリオにジャンプするためのラベルを追加しました。 しかし、このまま実行してもラベルはそのまま通過されて上からしか実行されず、最初の[s]タグで処理が停止してしまいます。 では、選択肢を表示させましょう。選択肢の表示には[choices]というタグを使います。 Almightへようこそ![m]このゲームエンジンで、[m]どんなゲームを作りますか? @choices text1="あんなゲームかな" target1="anna" text2="こんなゲームだよ" target2="konna"@s *anna@cmあんなゲームを作りましょう@s *konna@cmこんなゲームを作りましょう@s04_001 選択肢が表示されました。 ここからは選択肢をプレイヤーが選択するまで先には進みません。 ...
Read More

マクロを使おう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

マクロを使おうマクロを定義してみるマクロは、複数のタグをまとめて一つのタグとして呼び出せるようになる便利機能です。 実は、いままでのチュートリアルではこのマクロを既に活用しながら解説してきました。 画像を[show_bg]で読み込んで[action]で実行するという一連の動作は、Almightで既に定義されているマクロを使っていたものです。 @call storage="macro.ks"という行がfirst.ksの一行目にありましたが、ここで「ks」フォルダに入っているmacro.ksを読み込んでいます。 では実際にマクロを定義してみましょう。 [macro name="color"][font color="#ff0000"]ああああ[resetfont][endmacro]このように、[macro]と[endmacro]で囲んだ部分がマクロとして定義され、以降は[color]と書くだけでいつでも呼び出せるようになります。 マクロの属性[macro name="color"][font color="%iro"]ああああ[resetfont][endmacro]このように、color属性の部分を%iroというふうに変えてみました。 こうして属性値の最初に%を使うと、マクロで呼び出す属性値を渡すことが出来ます。 つまり [color iro="#ff000"]このように書けるようになります。 さらにこのとき [macro name="color"][font color="%iro|#ff0000"]ああああ[resetfont][endmacro]このように、縦棒で区切っておけば、その後に書いた値がデフォルト値として使われるようになります。 ...
Read More

サウンドを再生しよう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

サウンドを再生しようAlmightでは、サウンド形式としてoggを採用しています。 音声の変換は、以下のサイトを参考にして、Ogg Vorbisに変換してください。 http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/sound/conv/ http://www.forest.impress.co.jp/library/software/bonkenc/ 出来たファイルは「ogg」フォルダに入れてくださいね。 BGMを再生するでは早速BGMを再生してみましょう。 @play_bgm file="bgm01.ogg" この1行を追加すればOKです。 (first.ksの1行目にある、@call… よりも下に入れて下さい) 停止するには、[stop_bgm]を使います。 SEを再生するSE(効果音)を再生したい場合があるかと思います。 SEの再生には、[play_se]を使います。 @play_se file="se01.ogg" 停止するには、[stop_se]を使います。 ですが、大抵の効果音は短い音声だと思いますので、[stop_se]を使う場面は少ないかもしれません。 BGVを再生する雨の音や風の音、人の息づかいなど、BGV(環境音)をループ再生させたい場面に[play_bgv]を使います。 ...
Read More

文字枠を操作しよう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

文字枠を操作しようアドベンチャーゲーム風の文字枠にしよういまは、メッセージを表示する枠がキャラクターの上にかぶさっています。これはこれで、サウンドノベル風のゲームを作るならそのままでも良いのですが、画面の下に文字を表示するアドベンチャーゲーム風のものに変更してみます。 以下のマクロを、1行目の下に追加してみましょう。 @type_msg type="adv"@actionこのようになりましたか? @call storage="macro.ks" @type_msg type="adv"@action @show_bg file="bg01"@action @show_lc file="pra01"@show_rc file="ele01.png"@action rule="rule01.png" time=1000 Almightへようこそ![m]このゲームエンジンで、[m]どんなゲームを作りますか?@s03_001 アドベンチャーゲームらしくなりましたね。[type_msg]を使って、[action]を実行することで文字枠の種類を変更することが出来ます。 [position]を使えば、文字枠に画像を使ったり、より詳細な設定が可能になったりしますが、このチュートリアルでは割愛します。 文字枠を非表示にするには[hide_msg]を、表示するには[show_msg]を同じ要領で使って、[action]を実行してください。 @hide_msg@actionを実行すると、文字枠が非表示になります。 ...
Read More

画像を表示してみよう | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

画像を表示してみよう背景を表示させてみる真っ黒な画面では寂しいので、背景を表示させてみましょう。 まず、1行目の下に以下のマクロを入力してみてください。 @show_bg file="bg01.jpg"@actionこのようになりましたか? @call storage="macro.ks" @show_bg file="bg01.jpg"@actionAlmightへようこそ![m]このゲームエンジンで、[m]どんなゲームを作りますか?@sすると、このように画像がフェードイン表示されます。 02_001 では、少し掘り下げて見てみましょう。 @show_bg file="bg01.jpg"@action[show_bg]を使うと、背景を読み込むことができます。 この場合は、「game」フォルダの「jpg」フォルダ内にある、bg01.jpg が読み込まれていますね。 [show_bg]のfile属性に、ファイル名を指定しています。このマクロは、jpgファイルに限り拡張子を省略出来ます。 基本的に、プロジェクトフォルダに素材を追加するときは「game」フォルダ以下の「<ファイルの拡張子>」フォルダにファイルを追加してください。 しかし、[show_bg]のみを使っても画面に画像は表示されません。このマクロは、画像を読み込むだけで、画面に表示することはしないからです。 そこで、そのあと[action]を実行することで、読み込んだ画像を表示することが出来ます。 [action time=3000] ...
Read More

開発環境のセットアップ (Windows) | スマホ対応HTML5アドベンチャーゲームエンジン – Almight

開発環境のセットアップ (Windows)Macの場合はこちら Almight開発サポート環境ゲームの開発は、以下のOSをサポートしています。 Windows 8/7/Vista開発SDKのダウンロードまず、Almightのゲーム開発キット(以下、SDK)をこちらからダウンロードします。 ZIP形式で圧縮されていますので、まずはそれを好きな場所に展開してください。 フォルダ構成は以下のようになっています。 [docs] タグやその他APIの解説ドキュメントが入っています。[projecter] Almightゲームの作成に必要なものが入っています。テキストエディタのインストールUTF-8 文字コードを扱えるテキストエディタが必須です。 Windows標準のメモ帳は使えません。 よく分からない場合は、Windowsなら「秀丸エディタ」「TeraPad]」など。 作業フォルダを確認するAlmightゲームを作成するにはテキストエディタで編集し、projecterフォルダ内にあるAlmight.exeをダブルクリックしてゲームを起動することで動作を確認することができます。 編集作業をするフォルダは、projecterフォルダ内にあるdataフォルダの中です。 dataフォルダ内のフォルダ構成は以下のようになっています。 [demo] トップページから起動出来る、Almightのデモゲームのプロジェクトフォルダです。シナリオファイルにも解説コメントが書いてありますので、参考にしてください。[template] Almightゲームの作成に必要なファイル一式が入ったテンプレートのプロジェクトフォルダです。通常、このフォルダをコピーして新しくゲームを開発します。[tutorial] チュートリアルで使うプロジェクトフォルダです。初級チュートリアルで利用します。今後チュートリアルで使用するプロジェクトフォルダはtutorialフォルダになりますのでご注意下さい。 ...
Read More