文字枠を操作しよう

アドベンチャーゲーム風の文字枠にしよう

いまは、メッセージを表示する枠がキャラクターの上にかぶさっています。
これはこれで、サウンドノベル風のゲームを作るならそのままでも良いのですが、画面の下に文字を表示するアドベンチャーゲーム風のものに変更してみます。

以下のマクロを、1行目の下に追加してみましょう。

@type_msg type="adv"
@action

このようになりましたか?

@call storage="macro.ks"

@type_msg type="adv"
@action

@show_bg file="bg01"
@action

@show_lc file="pra01"
@show_rc file="ele01.png"
@action rule="rule01.png" time=1000

Almightへようこそ![m]
このゲームエンジンで、[m]
どんなゲームを作りますか?
@s

03_001

アドベンチャーゲームらしくなりましたね。
[type_msg]を使って、[action]を実行することで文字枠の種類を変更することが出来ます。

[position]を使えば、文字枠に画像を使ったり、より詳細な設定が可能になったりしますが、このチュートリアルでは割愛します。

文字枠を非表示にするには[hide_msg]を、表示するには[show_msg]を同じ要領で使って、[action]を実行してください。

@hide_msg
@action

を実行すると、文字枠が非表示になります。

03_002

今回使ったマクロ

メッセージレイヤーのタイプを変更する

[type_msg type="fullまたはadv"]

typeにfullを指定すると、サウンドノベル風に全画面にメッセージレイヤーが表示されるタイプになります
typeにadvを指定すると、アドベンチャーゲーム風にテキスト枠が表示されるタイプになります
変更した後は、[action]を使って実行して下さい

メッセージレイヤーを表示状態にする

[show_msg]
このあと、[action]を使って実行して下さい

メッセージレイヤーを非表示状態にする

[hide_msg]
このあと、[action]を使って実行して下さい