ゲーム演出効果を使おう

フラッシュ効果

Almightでは、ゲーム演出効果を行うマクロをいくつか用意しています。 その一つが[flash]を使ったフラッシュ効果です。

以下のように書いて使用します。

// 一秒間画面が真っ白になります。
[flash time=1000]
[action]

また、以下のように書くとメッセージレイヤーと立ち絵よりも後ろでフラッシュします。

[flash target="back" time=1000]
[action]

画像

フラッシュの色を変更することも可能です。塗りつぶす色を[0xRRGGBB]かCSSのcolorに指定出来る形式で書くことで変更できます。

// 青色のフラッシュ
[flash color="0x0000ff"]
[action]

もしくは、フラッシュ自体に画像を指定することもできます。

// エフェクト画像をフラッシュで表示させます。
[flash file="effect.jpg"]
[action]

[flash]は表レイヤーに矩形を描画しているので、[action]でトランジションしてフラッシュ前の状態に戻しています。 そのため、以下のように書くとフラッシュした後に表示する画像を変更することもできます。

// フラッシュした後、立ち絵を全て消します。
[flash]
[hide_all]
[action]

// フラッシュした後、背景画像を変更します。
[flash]
[show_bg file="bg"]
[action]

画面揺らし効果

[quake_*]を使うと、個別のレイヤーに揺らし効果を使うことができます。

例えば、[show_lc][show_rc]で立ち絵を表示している状態で、 以下のように書いて、立ち絵を揺らします。

// left_centerの位置を縦揺れ、right_centerの位置を横揺れします。
[quake_lc hmax=0 vmax=100]
[quake_rc hmax=100 vmax=0]
[quake_action]

他にも、画面全体を揺らしたり、メッセージレイヤーのみ、ベースレイヤーのみ、揺らすということもできるので、色々と試してみて下さい。

立ち絵の移動

[move_*]を使うと表示している立ち絵画像を、横方向に移動させることことができます。

例えば、[show_lc][show_rc]を使い以下のように表示している立ち絵画像を

画像

以下のように書いて立ち絵を移動します。

// left_centerの位置とright_centerの位置にある立ち絵画像を、posで指定した位置に移動します。
[move_lc pos="r"]
[move_rc pos="l"]
[move_action]

画像

画像

また、以下のように書くと立ち絵の位置を入れ替えることもできます。

//互いの位置を入れ替えます。
[move_lc pos="rc"]
[move_rc pos="lc"]
[move_action]

ただし、移動先に既に立ち絵画像がある場合は移動先の画像が消えて、移動元の画像だけが表示されることになるので注意してください。

// 同じ位置を指定した場合、片方が消えて片方だけが残ります。
[move_lc pos="c"]
[move_rc pos="c"]
[move_action]

立ち絵のフレームイン・フレームアウト

[framein]を使うと、画面外から立ち絵をフレームインさせることができます。

// 左方向から、それぞれleftとrightのポジションにフレームインしてきます。
[framein file="stele01a01.png" from="left" pos="left"]
[framein file="stpra01a02.png" from="left" pos="right"]
[framein_action]

fromには、上下左右を指定できるので、画面下方から立ち絵がフレームインするという動きもできます。

また、[frameout]を使うと、立ち絵をフレームアウトさせることもできます。

// leftとrightのポジションにある立ち絵を、右方向へフレームアウトさせます。
[frameout to="right" pos="left"]
[frameout to="right" pos="right"]
[frameout_action]

toにも、上下左右を指定できるので、画面下方や画面上方へフレームアウトするという動きができますので、試してみて下さい。

カットイン

[cutin]を使用するとカットインの演出を行うことができます。

以下のように書くと、カットインした後にフラッシュし、その後クリックするとカットアウトします。

// 右方向からカットインの画像をフレームインします。
[cutin file="cut_in.png"]
// フラッシュ効果演出を行います。
[flash time=500]
[action]
[waitclick]
// 左方向へカットインの画像をフレームアウトさせます。
[cutout]

画像