見つかりません

検索条件をクリア

Almightマクロ集

画面操作

show_bg

背景画像を読み込む

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 指定した画像をベースレイヤーに読み込みます。

画像をベースレイヤーに読み込みます。
page=backに読み込ませているので、 [action] を使用することで画像が表示されます。
画像形式がjpgの場合のみ拡張子が省略可能となります。

// 背景を読み込みます
[show_bg file="背景画像"]
// 背景を切り替えます
[action]

show_ev

イベント画像を読み込む

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 指定した画像をベースレイヤーに読み込みます。

画像をベースレイヤーに読み込みます。
page=backに読み込ませているので、 [action] を使用することで画像が表示されます。
画像形式がjpgの場合のみ拡張子が省略可能となります。

[show_bg] と違って、こちらのマクロは画像を読み込んだ際にファイル名と同名のシステム変数を作成し、変数にtrueを代入します。作成した変数をCGモードで活用できます。

// イベントを読み込みます。同時に"sf.イベント画像"がtrueになります。
[show_ev file="イベント画像"]
// 背景を切り替えます
[action]

hide_bg

背景画像を非表示にする

ベースレイヤーを非表示にします。
page=backに[freeimage]を実行しているので、その後に [action] を使うことで背景が消え、黒の背景になります。

// 裏側の背景を非表示にします
[hide_bg]
// 背景画像が黒の背景に切り替わります。
[action]

show_l

前景左に画像を読み込む

属性は [show_c] を参考

show_lc

前景左寄りに画像を読み込む

属性は [show_c] を参考

show_rc

前景右寄りに画像を読み込む

属性は [show_c] を参考

show_r

前景右に画像を読み込む

属性は [show_c] を参考

show_c 

前景中央に画像を読み込む

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 裏側の前景レイヤーに画像を読み込みます。

前景レイヤーを読み込みます。その後 [action] を使用することで画像が表示されます。
画像形式がpngの場合のみ拡張子が省略可能となります。前景画像の位置はマクロごとに割り振ってあります。

※各マクロの画像表示位置

左-中央 中央 右-中央
show_l show_lc show_c show_rc show_r

となります。

// 前景レイヤーを左・中央・右に読み込みます。
[show_l file="left"]
[show_c file="center"]
[show_r file="right"]
// 左・中央・右の前景画像を表示させます。
[action]

hide_l

前景左の画像を非表示にする

属性は [hide_c] を参考

hide_lc

前景左寄りの画像を非表示にする

属性は [hide_c] を参考

hide_rc

前景右寄りの画像を非表示にする

属性は [hide_c] を参考

hide_r

前景右に画像を非表示にする

属性は [hide_c] を参考

hide_c

前景中央の画像を非表示にする

前景レイヤーに[freeimage]を使用し裏側の前景画像を消します。その後 [action] を使用することで画像が非表示になります。
前景画像の位置はマクロごとに割り振ってあります。

※各マクロの画像非表示位置

左-中央 中央 右-中央
hide_l hide_lc hide_c hide_rc hide_r

となります。

// 前景レイヤーの裏側の左・中央・右を消します
[hide_l]
[hide_c]
[hide_r]
// 左・中央・右の前景画像を非表示にさせます。
[action]

hide_all

各前景レイヤーの画像を全て非表示にする

全ての前景レイヤーに[freeimage]を使用し裏側の前景画像を消します。その後 [action] を使用することで画像が非表示になります。

// 裏側の前景レイヤを全て消します
[hide_all]
// 前景画像を非表示にさせます。
[action]

flash

白の画像を読み込みフラッシュ

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 500 画像を表示しておく時間をミリ秒で指定。
target NO foreかback fore 立ち絵の後ろで表示するか指定。
file NO ファイル名 表示する画像を指定します。省略すると白色の画面になります。
color NO 0xRRGGBB 0xffffff フラッシュする際の色を指定できます。[0xRRGGBB]かCSSのcolorで指定してください。省略した場合は白色になります。

前景レイヤーに白画像を読み込みます。
画像を表示しておく時間は [action] を実行してからの時間となります。
targetでforeを指定すると、全ての前景レイヤーよりも前でフラッシュを実行します。同時にmessage0を非表示にします。
※画像ファイルを指定するとcolorは指定できなくなるので注意してください。

// フラッシュを立ち絵の後ろで実行します(時間1000 白画像)
[flash time=1000 target="back"]
[action]
[flash time=1000]
// 全画面にフラッシュを実行しつつ背景画像を切り替えます(時間1000 白画像)
[flash]
[show_bg file="hogehoge.png"]
[action]

action

処理を実行する

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 1000 フェードする時間をミリ秒で指定します。
rule NO rule画像 ルール画像を指定します。指定しないとcrossfadeトランジションに切り替わります。
skip NO trueかfalse false トランジションをクリックでスキップするか指定します。

ルール画像を指定するとき画像形式がpngの場合のみ拡張子が省略できます。
実行すると、 [flash] が解除されます。
skipをtrueにすると、トランジション・フラッシュまでの時間がスキップできます。

// 全画面にフラッシュを実行します
[flash time=1000]
// 背景画像を読み込みます
[show_bg file="hogehoge.png"]
// 前景画像を読み込みます
[show_l file="hoge"]
[show_lc file="hoge"]
// フラッシュを解除しつつ、ユニバーサルトランジションで読み込んだ画像を表示させます。クリックスキップ可能。
[action time=400 skip=true rule="hogehogehoge"]

framein

前景画像を画面内に移動させる

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 前景レイヤーに画像を読み込みます。
from YES ポジション 移動させる方向を指定します。
pos YES ポジション 移動先のポジションを指定します。
time NO 数値 1000 移動までの時間をミリ秒で指定します。
easing NO パターン名 移動までの進み具合をパターンで指定します。省略した場合は一定の速度で動きます。

前景画像を画面の外から画面内に移動させます。その後 [framein_action] を使用することによってマクロが実行されます。
前景画像を指定するとき画像形式がpngの場合のみ拡張子が省略可能となります。
easingには移動までの進み具合をパターンを指定できます。

※fromの指定
fromには"top","left","bottom","right"を指定します。"left"を指定すると画面左から画像が出てきます。

左方向 上方向 下方向 右方向
left top bottom right

※posの指定
posには"left","right","left_center","right_center","center"を指定します。指定したポジションで画像が停止します。

左-中央 中央 右-中央
left left_center center right_center right
l lc c rc r

※easingのパターンは下記サイトを参照してください。

http://easings.net/ja

// 画像が画面左からでてきて、rightの位置まで"linear"のパターンで移動させます。
[framein file="hoge.png" time=5000 from="left" easing="linear" pos="r"]
// "framein"を実行します。
[framein_action]

framein_action

frameinマクロを実行

属性名 必須 デフォルト 説明
skip NO trueかfalse false [framein] をクリックでスキップできるか指定します。

skipをtrueにすると、 [framein] 実行時の時間がクリックでスキップできます。

frameout

前景画像を画面外に移動させる

属性名 必須 デフォルト 説明
to YES ポジション 移動させる方向を指定します。
pos YES ポジション 移動させる画像のポジションを指定します。
time NO 数値 1000 移動までの時間をミリ秒で指定します。
easing NO パターン名 移動までの進み具合をパターンで指定します。省略した場合は一定の速度で動きます。

前景画像を画面内から画面の外に移動させます。その後 [frameout_action] を使用することによってマクロが実行されます。
easingには移動までの進み具合をパターンを指定できます。

※toの指定
toには"top","left","bottom","right"を指定します。"left"を指定すると画面の左へフレームアウトします。

左方向 上方向 下方向 右方向
left top bottom right

※posの指定
posには"left","right","left_center","right_center","center"を指定します。指定したポジションで画像が停止します。

左-中央 中央 右-中央
left left_center center right_center right
l lc c rc r

※easingのパターンは下記サイトを参照してください。

http://easings.net/ja

// rightの位置の画像が左方向へ画面の外まで移動します
[frameout time=5000 to="left" easing="linear" pos="r"]
// "frameout"を実行します。
[frameout_action]

frameout_action

frameoutマクロを実行

属性名 必須 デフォルト 説明
skip NO trueかfalse false [framein] をクリックでスキップできるか指定します。

skipをtrueにすると、 [framein] 実行時の時間がクリックでスキップできます。

cutin

画像のカットインを実行

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 前景レイヤーに画像を読み込みます。
left NO 数値 0 画像の左端位置を指定します。
top NO 数値 0 画像の上端位置を指定します。
from YES ポジション 移動させる方向を指定します。
time NO 数値 1000 移動までの時間をミリ秒で指定します。
easing NO パターン名 移動までの進み具合をパターンで指定します。省略した場合は一定の速度で動きます。

画像の表示位置を指定したい場合は、属性の"left","top"で指定してください。省略すると"left","top"ともに位置は0になります。
前景画像を画面の外から画面内に移動させます
前景画像を指定するとき画像形式がpngの場合のみ拡張子が省略可能となります。
easingには移動までの進み具合をパターンを指定できます。省略した場合は一定の速度で動きます。
[cutout] と"left","top"を同じ数値にすると水平に移動します。

※fromの指定
fromには"top","left","bottom","right"を指定します。"left"を指定すると画面左から画像が出てきます。

左方向 上方向 下方向 右方向
left top bottom right

※easingのパターンは下記サイトを参照してください。

http://easings.net/ja

// 画像が画面左からでてきて、rightの位置まで"linear"のパターンで移動させます。
[cutin file="hoge.png" time=5000 from="left" easing="linear"]

cutout

画像のカットアウトを実行

属性名 必須 デフォルト 説明
left NO 数値 0 画像の左端位置を指定します。
top NO 数値 0 画像の上端位置を指定します。
from YES ポジション 移動させる方向を指定します。
time NO 数値 1000 移動までの時間をミリ秒で指定します。
easing NO パターン名 移動までの進み具合をパターンで指定します。省略した場合は一定の速度で動きます。

画像の表示位置を指定したい場合は、属性の"left","top"で指定してください。省略すると"left","top"ともに数値は0になります。
前景画像を画面内から画面の外に移動させます
前景画像を指定するとき画像形式がpngの場合のみ拡張子が省略可能となります。
easingには移動までの進み具合をパターンを指定できます。省略した場合は一定の速度で動きます。
[cutin] と"left","top"を同じ数値にすると水平に移動します。

※fromの指定
fromには"top","left","bottom","right"を指定します。"left"を指定すると画面左から画像が出てきます。

左方向 上方向 下方向 右方向
left top bottom right

※easingのパターンは下記サイトを参照してください。

http://easings.net/ja

// 画像が画面左からでてきて、rightの位置まで"linear"のパターンで移動させます。
[cutout time=5000 from="left" easing="linear"]

quake_bg

背景の画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_msg

メッセージの画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_l

前景左の画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_r

前景右の画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_lc

前景左寄りの画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_rc

前景右寄りの画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_c

前景中央の画面揺らしを設定

属性は [quake_all] を参考

quake_all

画面揺らしを設定

各レイヤーの画面揺らしを行うための設定を行います。

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 500 揺らし効果の持続時間をミリ秒で指定します。
hmax NO 数値 10 縦揺れの幅を指定します。
vmax NO 数値 10 横揺れの幅を指定します。
interval NO 数値 30 揺れの反復する時間をミリ秒で指定します。

※各マクロのレイヤー位置

マクロ レイヤー
quake_l
quake_lc 左-中央
quake_c 中央
quake_rc 右-中央
quake_r
quake_bg 背景
quake_msg メッセージ
quake_all 全て

マクロ使用後に [quake_action] を使用することで画面揺らしを実行します。

// 全てのレイヤーを揺らします
[quake_all vmax=100 hmax=100 time=200 interval=40]
[quake_action]

quake_action

画面揺らしを実行する

属性名 必須 デフォルト 説明
skip NO trueかfalse false 画面揺らしをクリックでスキップするか指定します。

画面揺らしを実行します。

move_l

前景左画像の移動先を指定する

属性は [move_c] を参考

move_r

前景中央画像の移動先を指定する

属性は [move_c] を参考

move_rc

前景右寄り画像の移動先を指定する

属性は [move_c] を参考

move_lc

前景左寄り画像の移動先を指定する

属性は [move_c] を参考

move_c

前景中央画像の移動先を指定する

属性名 必須 デフォルト 説明
pos YES ポジション レイヤーの移動先を指定します。
time NO 数値 500 レイヤーの移動する時間をミリ秒で指定します。
accel NO -5~5の範囲 0 レイヤーを移動させる際に加速度を指定します。

レイヤーの移動先及び各設定を指定します。
accelで加速度を指定する際1以上の数を指定すると徐々に加速しながら移動し、-1以下の数字を指定すると徐々に減速しながら移動します。0を指定した場合は一定の速さで移動します。移動先を設定した後、[move_action]で実行して下さい。
移動先に画像がある場合は、移動元の画像に挿し変わりますので注意して下さい。

※移動させるマクロのポジション

左-中央 中央 右-中央
move_l move_lc move_c move_rc move_r

※移動先の指定

左-中央 中央 右-中央
left left_center center right_center right
l lc c rc r
// 画像の移動を設定し実行します
// 右-中央から左に移動
[move_rc pos="left" time=5000 accel=5 skip=false]
// 左-中央から右に移動
[move_lc pos="r" time=50 accel=-1 skip=false]
[move_action]

move_action

レイヤーの移動を実行する

属性名 必須 デフォルト 説明
skip NO trueかfalse false レイヤーの移動をクリックでスキップするか指定します。

レイヤーの移動を実行します。

サウンド操作

play_bgm

BGMの再生

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 再生するBGMを指定します。
time NO 数値 フェードインする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに再生されます。
wait NO tureかfalse false BGMのフェードインの終了を待ちます。
loop NO tureかfalse true BGMをループさせるか指定します。

BGMをフェードインさせながら再生させます。
拡張子がoggの場合のみ拡張子が省略可能となります。

// BGMの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ)
[play_bgm file="hogehoge" time=500 wait=true]

stop_bgm

BGMの停止

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 フェードアウトする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに停止します。
wait NO tureかfalse false BGMのフェードアウトの終了を待ちます。
// BGMの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ)
[play_bgm file="hogehoge" time=500 wait=true]
// BGMの停止を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ)
[stop_bgm time=500 wait=true]

play_se

SEの再生

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 再生するSEを指定します。
time NO 数値 フェードインする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに再生されます。
wait NO tureかfalse false SEのフェードインの終了を待ちます。
loop NO tureかfalse false SEをループさせるか指定します。

SEの再生を行います。
拡張子がoggの場合のみ拡張子が省略可能となります。

// SEの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ ループ=ture)
[play_se file="hogehoge" time=500 wait=true loop=true]

stop_se

SEの停止

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 フェードアウトする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに再生されます。
wait NO tureかfalse false SEのフェードアウトの終了を待ちます。
// SEの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ ループ=ture)
[play_se file="hogehoge" time=500 wait=true loop=true]
// SEの停止を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ)
[stop_se time=500 wait=true]

play_voice

ボイスの再生

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 再生するボイスを指定します。

ボイスを再生させたあとは、必ず [c] でテキストを閉じてください。
それにより、メッセージ履歴でセリフがクリック可能になり、ボイスを再度再生可能になります
拡張子がoggの場合のみ拡張子が省略可能となります。

// ボイスの再生を行います。
[play_voice file="hogehoge"]
hogehoge
[c]

stop_voice

ボイスの停止

ボイスの停止を行います。

play_bgv

環境音のループ再生

属性名 必須 デフォルト 説明
file YES ファイル名 再生する環境音を指定します。
time NO 数値 フェードインする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに再生されます。
wait NO tureかfalse false 環境音のフェードインの終了を待ちます。
pause NO tureかfalse false ボイス再生中にBGVのボリュームを0にするか指定します。

環境音の再生を行います。
pauseにtrueを指定すると、ボイス再生中に環境音のボリュームを0にします。
[c] を使用するとボリュームが100に戻ります。
拡張子がoggの場合のみ拡張子が省略可能となります。

// BGVの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ ボイス再生中にボリュームを0にする)
[play_bgv file="hogehoge" time=500 wait=true loop=true]

stop_bgv

環境音の停止

属性名 必須 デフォルト 説明
time NO 数値 フェードアウトする時間をミリ秒で指定します。省略するとすぐに再生されます。
wait NO tureかfalse false BGVのフェードアウトの終了を待ちます。
// BGVの再生を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ ボイス再生中にボリュームを0にする)
[play_bgv file="hogehoge" time=500 wait=true loop=true]
// BGVの停止を行います。(フェードの時間=500 終了を待つ)
[stop_bgv time=500 wait=true]

メッセージ操作

c

改ページする(クリック待ち)

クリック待ちから文章の改ページを行います。
同時に [stop_voice] を実行します。

m

改行を行う(クリック待ち)

クリック待ちから文章の改行を行います。

type_msg

メッセージレイヤーのタイプを切り替えます

属性名 必須 デフォルト 説明
type YES fullまたはadv fullはサウンドノベル風に全画面にメッセージレイヤーを表示します。advは画面下にアドベンチャーゲーム風にメッセージレイヤーを表示します。

変更後に [action] を使用することでメッセージが変更されます。
フォントの設定を変更したい場合はマクロ内の[deffont]で設定を行ってください。
メッセージレイヤーの設定を変更したい場合はマクロ内の[position]で設定を行ってください。

// 使用例 メッセージ画面を全画面に切り替えます。
[type_msg type="full"]
[action]

show_msg

メッセージレイヤーを表示状態にする

変更後に[action]を使用することでメッセージレイヤーが表示されます。

// メッセージレイヤーを表示します
[show_msg]
[action]

hide_msg

メッセージレイヤーを非表示状態にする

変更後に[action]を使用することでメッセージレイヤーが非表示になります。

// メッセージレイヤーを非表示にします
[hide_msg]
[action]